インスリン注入器用注射針

一覧 インスリン 製剤

🤟 なお、投与量は症状及び検査所見に応じて適宜増減するが、持続型インスリン製剤の投与量を含めた維持量は通常1日4~100単位である。 注射時刻は朝食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする。

18

糖尿病学会が監修している「インスリン製剤一覧表」 港南台内科クリニック

一覧 インスリン 製剤

⚒ 通常、成人では1回4〜20単位を1日2回、朝食前と夕食前30分以内に皮下注射する。 針ケースに「NIPRO」の表示がある。 なお、糖尿病性昏睡、急性感染症、手術等緊急の場合は、本剤のみで処置することは適当でなく、速効型インスリン製剤を使用すること。

14

糖尿病学会が監修している「インスリン製剤一覧表」 港南台内科クリニック

一覧 インスリン 製剤

🤟 イノレット30R注:注入器一体型製剤で特徴(「握りやすい」「注入しやすい」「単位目盛が見やすい」)により、握力や視力の低下した患者などへのメリットが考えられる• 投与量は症状及び検査所見に応じて適宜増減するが、維持量は通常1日4〜80単位である。 。 カート:専用のペン型注入器(ヒューマペンラグジュラ、ヒューマペンサビオ)と組み合わせて使用するカートリッジ製剤• 詳細は添付文書を参照。

10

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

一覧 インスリン 製剤

😝 糖分を摂取しても症状の改善がみられない場合は、医師や薬剤師に連絡する• 持続時間は3~5時間と最も短いのが特徴です。 投与時間:本剤:食前15分以内、速効型インスリンを含む混合製剤:食事30分前。

19

インスリン製剤の種類や特徴は?

一覧 インスリン 製剤

👉 但し、必要により上記用量を超えて使用することがある。 また、他のインスリン製剤から本剤に変更する場合にも、その作用特性や薬物動態を考慮し、必要に応じて投与量を増減するなど、慎重に行うこと。 5単位刻みの投与量調節が可能なミリオペン• アナフィラキシー、血管神経性浮腫• また、食事開始後の投与の場合は、食事開始から20分以内に投与すること。

製品の特徴

一覧 インスリン 製剤

🤘 主要評価項目:24週時(LOCF)におけるHbA1cのベースラインからの変化量• は血糖値が高い状態で、この状態が続くと様々な合併症を引き起こす• 作用持続時間は、基礎分泌のインスリンの作用として約24時間続きます。 著者には、イーライリリー 社よりコンサルタント料等を受領している者およびイーライリリー社の社員が含まれます。 冷や汗がでる、気持ちが悪くなる、手足がふるえる、ふらつく、力が抜けた感じがするなどの症状が急に出現したり持続したりする• 投与量は、患者の症状及び検査所見に応じて増減する。

2

インスリン注入器用注射針

一覧 インスリン 製剤

⚒ 超速効型ができるまでは、追加分泌用はこの製品のみだった。 ランタス注:持効型のインスリンアナログ製剤• バイアル:注射器で吸引して使用するバイアル製剤(必要に応じインスリンポンプを用いて投与する場合もある) ノボリンR注、ノボリンN注、ノボリン30R注、イノレット30R注• 持続型インスリン製剤を併用している患者では、持続型インスリン製剤の投与量及び投与スケジュールの調節が必要となる場合があるので注意すること。

20

インスリン カートリッジ製剤とペン型注入器の誤った組合せに注意 インスリンを正しく注射できなくなるおそれが

一覧 インスリン 製剤

🤘 通常、成人では1回4~20単位を1日2回、朝食直前と夕食直前に皮下注射する。 持効型溶解インスリン 作用発現時間は1~2時間、作用持続時間は約24時間である。 ヒューマログミックス注(ミックス25、ミックス50):混合型インスリンアナログ製剤• 5時間 作用持続時間 3~5時間 使用期限 2年 通常、成人では1回2~20単位を毎食直前にインスリンペン型注入器を用いて皮下注射するが、中間型又は持効型溶解インスリン製剤と併用することがある。

17