繝�ヨ繝ュ繧、繝育ゥコ貂ッ 蜈・蝗ス蟇ゥ譟サ, 繝�ヨ繝ュ繧、繝育ゥコ貂ッ陦晉ェ∽コ区腐�医ョ繝医Ο繧、繝医¥縺�%縺�@繧�≧縺ィ縺、縺倥%�峨→縺ッ縲1990蟷エ12譛3譌・�育樟蝨ー譎る俣縲‘st�峨↓繧「繝。繝ェ繧ォ蜷郁。�嵜繝溘す繧ャ繝ウ蟾槭�繝�ヨ繝ュ繧、繝医�繝。繝医Ο繝昴Μ繧ソ繝ウ繝サ繧ヲ繧ァ繧、繝ウ繝サ繧ォ繧ヲ繝ウ繝�ぅ遨コ貂ッ縺ョ貊題オー霍ッ荳翫〒逋コ逕溘@縺溯穐遨コ莠区腐縺ァ縺ゅk?

事故 デトロイト 空港 衝突

❤ 原因は管制官のミスが主だったが、その他複数の要因が絡んだ。 皮肉なことに、事故の前日にも、同じようにR5誘導路とR6誘導路を間違えて滑走路に進入しようとした機が滑走中の他機とニアミスを起こし、あわや大惨事になるところだった。

13

台風21号・関空連絡橋タンカー衝突事故から2年 「走錨」対策は? 第五管区海上保安本部

事故 デトロイト 空港 衝突

🔥 B747のような大型機が狭い滑走路で転回するのは困難なため、誘導路がある空港では通常行われない して、その位置でからの 管制承認(詳しくは参照)を待った。 KLM4805便は燃料を補給して重くなっていたこと。

マドリード・バラハス空港地上衝突事故とは

事故 デトロイト 空港 衝突

🤐 1001 Crash• 2006年には旅客数が670万人を超えた。 主に旅客空港として、14の航空会社によって、37の空港に対し1日当たり180の直行便が就航している。

Wikizero

事故 デトロイト 空港 衝突

🚀 5 [PAA1736便のクルーがKLM4805便が迫っているのに気づく] 1706:40. 1482便の機長は滑走路03Cが既に使用されているかもしれないと不審を抱き、滑走路脇に機体を停止させて地上管制に報告したが、このとき既にノースウエスト航空299便(、行き)は滑走路03Cからの離陸承認を得て滑走を開始しようとしていた。

12

38ページ目

事故 デトロイト 空港 衝突

⌚ 、 - 本事故と並んで、世界中の航空会社でが研究・採用されるきっかけを作った事故。 原因は管制ミスだった。 実際には空港島から3海里(約5. しかしV 2(安全離陸速度)に達しておらず、350便の胴体後部が134便に激突し、双方の機体は破壊され火災が発生した。

14

マドリード・バラハス空港地上衝突事故とは

事故 デトロイト 空港 衝突

☢ そのため、地上管制はその先にあるオスカー 4誘導路を右折してエックスレイ誘導路に戻るように指示したものの、オスカー 4は当時右側2方向に曲がることができたため、1482便は本来右後方向に進むべきところを地上管制に確認を取ることなく右前方向に進み、そのまま滑走路03Cの中央部に進入してしまった。 その場合には乗客の宿泊代などのKLMの金銭負担が増える結果になる上に、小島であるテネリフェ島ではそもそも宿泊施設を確保することが困難であるから、散々待たせたPAA1736便まで巻き添えにして離陸できなくなるのは気の毒だとの配慮による焦りも指摘されている。

19

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

事故 デトロイト 空港 衝突

🤲 また内の手続きや規則も変わった。

3

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

事故 デトロイト 空港 衝突

👏 5キロメートル)の範囲は船舶の航行を制限する。 回転数を上げることでパワー(推力・速度)を上げることができるが、後述のように空気中でも水中でも限界がある。

12