医師が処方する「治療アプリ」が登場間近:未来を変えるアンメット・メディカル・ニーズ最前線:日経Gooday(グッデイ)

ニーズ アンメット メディカル

📲 医療の方向性 医薬・医療関連企業の対応 1 早期診断・検査、早期治療による 予防的医療(先制医療) 健康診断の高度化、高付加価値化(遺伝子検査等)製品の開発、疾病予防のためのワクチン開発の強化、セルフメディケーションに対応するOTCへのスイッチ等が進む 2 アンメットメディカルニーズを 対象としたバイオ医薬の拡大 多数の患者を対象にした低分子・ブロックバスター戦略から、治療充足度の低いがん及び脳神経疾患等の、アンメットメディカルニーズの高い疾患を対象にしたバイオ医薬へ、開発の重心がシフト 3 コンパニオン診断・治療 分子標的薬の増加、抗体医薬普及による医療費増加及びロフェコキシブを始めとする大型薬剤の副作用の表面化により、より効果と安全性の高い患者を絞り込んで薬剤開発を進める流れが加速 4 新規のがん治療法の確立化 ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)、重粒子がん治療法といった新規の治療法が実用化され、関連する機器も含めてがん治療に関する市場構造が大きく変わる可能性 5 ジェネリックの普及拡大と高付加価値ジェネリックの拡大(投与経路・剤形変更、バイオジェネリック等) 新薬企業によるジェネリック市場への参入に加え、既存薬の投与経路変更によるパッチ薬の開発、バイオジェネリック等、従来よりも付加価値の高いジェネリックの開発が進む 6 介護ビジネスの成長 先進国のみならず、今後は新興国における高齢化が急速かつ高度に進行し、介護に関連したソリューションに対するニーズが高まる. 3.病気のメカニズムの解明 再生医療のヒト細胞の応用によって、マウスを使ってでしか研究できなかった病気のメカニズムを、患者のからだから作った極めて忠実な細胞モデルを使って研究することが可能となった。

8

アンメットメディカルニーズとは?

ニーズ アンメット メディカル

🐾 こうした課題に対しては臨床栄養としてやるべきことがたくさんありますから、当社の役割は今後ますます重要になるはずです。 原田:仕事の中で精鋭になっていく? 澤本:そうですね。 日本では政府が2020年末までにジェネリック医薬品のシェア80%を目標に掲げていますから、今後もどんどん普及が広がっていくでしょう。

4

アンメットメディカルニーズとは?

ニーズ アンメット メディカル

✇ しかし、希少疾患を診断する手段がかつてないほどに容易になってきています。

4

脳・神経疾患の研究に挑むリコー 「アンメット」領域の薬剤や治療法の開発に貢献[Sponsored]

ニーズ アンメット メディカル

⚠ 60疾患のうち第一象限に含まれる疾患の比率が61. 0001)。 5年生存率の改善については早期診断・早期治療の普及や手術等の技術改善などが大きく影響しているため、薬剤がどの程度貢献しているか、ということは難しいが、これらがん種ごとの5年生存率の改善と承認薬剤の数との関係について分析を行ってみた。

19

中枢神経系領域への挑戦

ニーズ アンメット メディカル

💕 リコーHC事業本部バイオメディカル事業センター創薬事業室・バイオメディカル研究室の細谷俊彦室長はこう話す。 また、 大量のデータの蓄積及び処理が可能になることにより、副作用の把握や取得した健康状態の詳細なモニタリングなどが可能になるため、治療に対してどのような影響があったのかという生活全体への評価が可能になることが予想されます。

17

アンメットメディカルニーズへの挑戦

ニーズ アンメット メディカル

💓 なお、「サルコペニア」は明日の新薬では「筋肉減少症」として検索した。 これらは、企業広告を一歩推し進めて、製品の売上に繋げることを想定しています。 アンメット・メディカル・ニーズ 人口構成の高齢化とともに、神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)の増加が、大きな社会問題となっています(2017年G7に向けた学術会議共同声明)。

アンメット・メディカル・ニーズ(Unmet Medical Needs)とは

ニーズ アンメット メディカル

😎 オプジーボは2014年9月、悪性黒色腫の適応症で世界に先駆けて国内で発売となった。

19

製薬産業の取り組み|製薬協ガイド2018

ニーズ アンメット メディカル

⚡ HC事業本部バイオメディカル事業センター創薬事業室神経モデル開発グループの柳沼秀和グループリーダーは「細胞が沈殿しないように溶液を攪拌(かくはん)しながら吐出する独自のインクジェット技術が特徴で、生きた細胞の数や位置を精密制御することで、より生体に近いヒト組織作製の実現につながる」と話す。 BMS社の四半期報告書によると、オプジーボの2015年度第3四半期までの9カ月間の売り上げは4億6700万ドル。

6

アンメットメディカルニーズへの挑戦

ニーズ アンメット メディカル

🖕 眼科領域は、いかにも理論派と評価される畑中社長が好む治療領域ということなのかもしれない。 4%へ向上した 10)ことによるものであると考察された。

20