#80 コロナの次は「バッタ2000億匹」 中国が「アヒル10万羽」で駆逐計画!

バッタ アヒル 中国

👆 以上がバッタの大量発生で中国がアヒル10万羽を派遣する理由についてのご紹介でした。 「毒を獲得する」という点は本当に厄介で死骸のせいで土地の栄養がなくなったり、殺虫剤を体に取り込んだ状態で野生の動物に食べられることで動物が死んだりということがあります。 なので今の大群が中国まで行くことはありません。

16

中国がバッタの被害に苦しむパキスタンに、10万羽のアヒルの派遣を計画中

バッタ アヒル 中国

🖐 このうち4000億匹の一団が中国を襲うと思われ 中国政府はパキスタン国境に10万羽の「アヒル部隊」を派遣してバッタを食い止める作戦に出ました。

11

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

バッタ アヒル 中国

🙂 食糧危機への備えも必要だ。 その 被害は20カ国以上にも及び、面積にすると130,000平方キロメートル、対策費に4億ドル以上かけましたが、被害額は25億ドルにも上ったそうです。

17

中国のアヒル部隊🦆がバッタ🦗に敗北したニュース全然やらないのな

バッタ アヒル 中国

🤫。 。 作物の全滅による飢餓が懸念されるのです」と述べる。

疫病と蝗害…聖書的な災いが現実に:狂気的な数千億のイナゴの大発生による被害範囲がアフリカ、中東から中国までの20カ国以上に拡大。国連は6月までにイナゴの数が「現在の500倍に膨れあがる可能性」を警告

バッタ アヒル 中国

👏 パキスタンでは、すでに、イナゴの発生に対して「国家緊急事態」を宣言していまして、軍隊も投入していますが、パキスタンのイナゴ駆除能力は高いとはいえず、中国政府は、中国イナゴ駆除専門部隊をパキスタンに派遣したと中国グローバルタイムズはいます。 また、そのうえで私の間違いがわかりましたら是非ご報告ください。 このイナゴはサバクトビバッタと呼ばれ、農業に対して最も破壊的な害虫の 1つであり、被害地域の作物に大損害を与える危険性がある。

2

中国雲南省で数十年で最悪のバッタ食害 食糧安保に影響も(NEWS ポストセブン)

バッタ アヒル 中国

🍀。 前野ウルド浩太郎さんは日本の中で一番といっていいほどバッタの研究をしている人なので信ぴょう性は高い。

3